社長あいさつ

当社は、アクリル繊維の染色助剤であるメタリルスルホン酸ナトリウムの製造会社として、1960年に日精化学工業としてスタートしました。その後、スルホン酸モノマーを始めとする各種製品の製造販売と受託製造、またファインケミカル分野での多種多彩な商品開発により成長し、2000年に旭化成ファインケムと改称致しました。

当社でこれまで培ってきた特徴のある合成技術力、生産技術力を基盤として、ファインケミカル分野に加え、医薬(API)・医療材料事業、電子材料分野を重点成長領域として、新たな目標に向かって邁進する所存であります。

また、企業活動の原点であるRC・コンプライアンスを会社経営の基本として、お客様や社会に信頼される企業を目指してまいります。

これからも旭化成グループの理念であります「世界の人びとの“いのち”と“くらし”に貢献する」のもと、グリープバリューである「誠実、挑戦、創造」を実践して、お客様と共に成長してまいりたいと考えております。

ご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

旭化成ファインケム株式会社

代表取締役社長

伊吹 一郎

会社案内トップに戻る