沿革

1960年

日精化学工業株式会社設立(大阪)
メタリルスルホン酸ソーダ製造開始

1970年

延岡工場建設・稼働開始

1983年

医薬品製造業許可取得

1999年

FDA cGMP認証取得
ISO9001認証取得

2000年

旭化成100%資本となり
旭化成ファインケムに改称

2003年

旭化成分社化に伴い
旭化成ケミカルズ100%資本に

2005年

技術開発部を延岡に移転

2006年

RC統合マネジメントシステム運用開始

2007年

ビニルスルホン酸製造開始

1960年

旭化成工業 食品工場設立(延岡)
グルタミン酸ソーダ製造開始

1968年

医薬品製造業許可取得

1972年

止血剤製造開始

1978年

医薬品添加物製造開始

1981年

食品・医薬品工場に改称

1982年

制癌剤製造開始

1987年

FDA cGMP認証取得(初回)

1988年

延岡医薬工場に改称

1999年

無菌・無塵原薬製造開始

2003年

旭化成ファーマに分社化

2004年

FDA cGMP認証取得(最新)

2005年

ISO14001認証取得

2007年10月
旭化成ファーマ 延岡医薬工場を旭化成ファインケムに統合
2009年04月
旭化成ファーマから特薬製品部の医薬品原薬・添加物事業を継承
2016年04月
旭化成ケミカルズが旭化成に再編され、旭化成100%資本に